病気と健康管理

モルモットがなりやす病気【ビタミンC欠乏症】の症状と予防策は?

こんにちは。今日はモルモットが罹りやすい病気「ビタミン欠乏症」の症状と対策についてです。

モルモットは体内でビタミンを生成することができないため、毎日の食事でビタミンCを取り入れる必要があります。摂取するビタミンCの量が十分でない場合にかかってしまうのが「ビタミン欠乏症」という病気です。

この病気は深刻で体に不調が起きるのはもちろん、放っておいて重症化すると死の危険すらあります。モルモットの飼育では、適度なビタミンCを与えることが重要です。

ビタミンC欠乏症になる原因

ビタミンC欠乏症は適切な量のビタミンCを摂取できないのが原因で起こる病気です。

モルモットは人間と同じように体内でビタミンCを生成することができないため、食事でビタミンCを補う必要があります。ビタミンCは骨や皮膚を作るコラーゲンの元となる大事な要素で、これが足りていないと体に不調が起きてしまいます。

牧草からはビタミンCを摂取することができないため、生野菜やペレット、サプリメントで補給する必要がありますが、普段の食事でこれらを与えていない場合はビタミンC欠乏症になってしまう可能性が高いです。
ペレットにもビタミンCを含んだものがありますが時間が経つにつれビタミンCは壊れていってしまうため、野菜やサプリメントを与えるのが理想的です。

うさぎのフードをモルモットに与えるというのも危険です。モルモットと違いうさぎは体内でビタミンCを生成することができるため、うさぎ用のフードにはビタミンCが含まれていないことが多いからです。

一日のビタミンCの適量はモルモットの状態によって変わるため、妊娠中や病気治療中のモルモットは通常よりも少し多めのビタミンCの摂取が必要になります。モルモットの状態に合わせて調整してあげることも大切です。

ビタミンC欠乏症の症状

ビタミンC欠乏症の症状では以下のものがあります。

  • 毛に艶がなくなる
  • 食欲の減退
  • 傷の治りが遅くなる
  • 歯の痛み
  • 倦怠感
  • 動きが鈍くなる

ビタミンC欠乏症は見た目にはすぐにわからなくても、治癒力や体力を徐々に失いモルモットを弱らせていく病気です。もともと病気のある子であれば病気の進行が早まってしまったり、健康体であっても食べ物を食べられないことから不正咬合など他の病気につながり命の危険になることもあります。

ビタミンC欠乏症の予防策

一日に必要なビタミンCの量

モルモットが一日に必要なビタミンCの量は10〜30mgと言われています。
※妊娠中や病気のモルモットの場合は獣医さんに相談し適切な量を与えてください。

上記の量を目安としてモルモットの食事を考えます。食べるものによってビタミンCの含有量が違うため、なるべく効率よくビタミンCを摂取できるように調整する必要があります。
ビタミンCを摂取する方法について説明します。

①生野菜を与える

一番簡単で効率の良い方法は、おやつとして生野菜を与えることです。モルモットのおやつとして生野菜を与える飼い主さんは多いと思いますが、生野菜はモルモットの嗜好品としてだけでなく、牧草やペレットだけでは補えない栄養を摂取するためにとても大切なものです。

野菜にはビタミンCの他にもミネラルや食物繊維も含まれているため、モルモットの健康維持には必要です。モルモットは野菜が大好きでとても喜ぶので、食欲促進としても一日に適量を与えるようにしましょう。

ただし野菜の与えすぎは下痢やガスだまりの原因となるため適量を守るのは鉄則です。野菜によってビタミンCの含有量は違いがあるため、効率よくビタミンCを補給できるように与える野菜もしっかり選びましょう。

ビタミンCが多いと言われている野菜は、パプリカ、ピーマン、パセリ、ブロッコリーなどがあります。

②サプリメントで補給する

野菜から取り入れる以外にも、ビタミンCをサプリメントで補う方法もあります。サプリメントであれば野菜と違い与えすぎてしまう心配もありません。

モルモット用のサプリメントはタブレットタイプや粉末タイプ、液体タイプなどがありネットで購入することができます。強制給餌をしている子には液体のビタミンCを餌に混ぜたりすることが多いです。

普段飲んでいる水に入れる方法もありますが、モルモットによっては水の味が変わることに抵抗があり、水を飲まなくなってしまうこともあります。モルモットの様子を見ながら与える方法を考えていく必要があります。

③ビタミンCが含まれるペレットを与える

ペレットには栄養素としてビタミンCが含まれているものが販売されているので、日々のご飯としてペレットを食べているのであれば少なからずビタミンCを摂取できていることになります。

ただし、ペレットに含まれるビタミンCの量は生野菜やサプリメントに比べるとかなり少ないため、ペレットだけでまかなうことはできません。また、ペレットに含まれるビタミンCは時間の経過とともに減っていってしまうため、開封して時間が経ったペレットには十分なビタミンCが入っていない可能性もあります。

ペレットはあくまでも気休めとして、野菜やサプリメントでしっかりと補うことが必要です。

まとめ:モルモットがなりやす病気【ビタミンC欠乏症】

今回はモルモットがなりやすい「ビタミンC欠乏症」について書いてみました。

ビタミンC欠乏症は起こりやすい病気ですが、日々の食事で予防することができる病気でもあります。以前はモルモットの飼育情報が少なく病気になってしまうモルモットが多くいましたが、今ではネットで簡単に情報が出に入るため事前に対策をすることができるようになりました。

モルモットによっては野菜が好きでなかったり、サプリメントを食べてくれないこともあるかもしれません。その場合は野菜ジュースにして与えたり、ご飯に混ぜてみたり工夫して食べさせるようにしましょう。

モルモットの異変や体の不調が起きていると感じた場合は、すぐに獣医さんに相談してください。

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします!

-病気と健康管理

© 2022 モルモットは鳴くんです。